読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

town-paddyのブログ

ネットラジオと読書が趣味の、コンピュータ嫌いのプログラマが、日々消費するコンテンツを保存・整理するブログ

書評 「銃・病原菌・鉄」 文明の優劣は人種ではなく地理的要因に起因する。

銃・病原菌・鉄 上下巻セット 作者: ジャレドダイアモンド 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2010/12/10 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 18回 この商品を含むブログ (21件) を見る トランプ米大統領就任が決まってから、白人至上主義が吹き荒れている…

書評 「権威主義の正体」未知への不安に漬け込む人心掌握術

権威主義の正体 (PHP新書) 作者: 岡本浩一 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2016/04/25 メディア: オンデマンド (ペーパーバック) この商品を含むブログを見る 権威主義に関して、第二次世界大戦後に社会心理学を中心に研究が進められてきた。多数の哲学…

論評 トランプ氏当選は盲目的な道徳主義への警鐘だ。

大方のメディアの事前予想に反してトランプ氏が大統領選で当選をした。なぜ、このような事態に陥ったのか考えてみたいと思う。 これは、現代にはびこる盲目的な道徳主義への民衆の憤りを表している。道徳主義とは何か。精神分析学の創始者フロイトは、人間の…

書評 「コンビニ人間」 - 「普通」を強要する世間の図々しさを体現した小説

コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (29件) を見る 2016年芥川賞を受賞した小説「コンビニ人間」を読んだ。日本に染み付いた、思想なく他人に追従する社会を、ここまで読者…

映画 「pk」

インド映画 「きっと上手くいく 原題:3idiots」の監督と主演俳優が出演する新作。前作が良かっただけに日本公開日にすぐに鑑賞した。 総じて期待外れだと言わざる負えない。まず、問題があるのはテーマを論争の多い宗教にしたことだろう。宗教問題を時間の限…

書評「自由をいかに守るか?ハイエクを読み直す」

自由をいかに守るか ハイエクを読み直す (PHP新書) 作者: 渡部昇一 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/02/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 格差社会が叫ばれて久しい。経済学もケインズ主義が台頭し、格差是正を唱えているが、敢え…

書評 「チャーチルの愛した日本」

チャーチルが愛した日本 (PHP新書) 作者: 関榮次 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/01/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 本のタイトルだけを見ると、最近流行り日本礼賛ブームに乗った凡庸な作品に思えるが、内容はチャーチルの両…